自動車の売却で還付されるもの

自動車の売却で還付されるもの

自動車を売却すると還付されるものがあります。

 

まずスクラップとして解体し売却した場合に、まだ車検の有効期限が残っていた場合、それが1ヶ月以上ある場合には1ヶ月単位で重量税がかえってきます。

 

一ヶ月未満ですと帰ってきません。

 

また抹消と解体業者による解体日の遅い方の日付で計算されます。

 

所有者の指定口座に振り込まれますが、2,3ヵ月後になります。

 

また解体しなくても抹消した場合に車検が残っている場合には、車検の期間分残っている自賠責保険を解約する事で残りの期間分の自賠責保険がかえってきます。

 

抹消した抹消謄本をと自賠責保険書と、身分証明書と認印、受け取りの為の銀行口座を番号を持って保険会社に行くと言ったその日からの分を計算して返してくれます。

 

現金ではなく銀口座への入金になります。

 

また抹消しなくても売却するために任意保険を解約すると、年払いで契約し支払っていた場合には、残りの期間の保険料がかえってきます。

 

しかし、自動車税と違って、自動車税は4月1日に所有している人に課税すると決めてあるので、月割りの精算ととしうものがないので、売却して名義変更や抹消をしても、かえってくると言うことはありません。

 

このように色々なケースを紹介しましたが、自動車の場合には実際に還付されるものが何もない場合の方が普通です。

 

何かを前払いで支払っている物がなければ還付せれませんから当然と言えます。

 

また現金で受け取れる物はほとんないので口座を用意しましょう。