自動車の売却と相続について

使用している自動車・普通自動車は、必要が無くなったとしても、自由に廃棄処分をするということができません。
法律によって、厳しい規制があるのです。
適切な手続きに基づいて処分をしないと、法律によって罰せられる可能性があります。
基本的には、自動車の新車・中古車を取り扱っている業者のところに持ち込んで、売却するということになります。
その際は、業者によって査定が行われます。査定の基準は、業者ごとに異なりますが、自動車の車種・使用年数・使用状況といった内容をチェックします。
査定を経た上で、売却する際の金額が決まってきます。
また、新たに自動車を購入する場合は、売却手続きではなく、下取り手続きになります。
どちらも、基本的な手続きは共通しているので、難しく考える必要はありません。
下取りの手続きを行うと、そこで得られた金額を、新車の購入費用として重用することになります。
また、自動車などの所有者が亡くなった場合は、売却する他にも、相続するという方法もあります。
相続人が自動車を使用しない場合は、業者に売却するのが最適です。
しかし、まだ使用することができる状態の自動車であれば、売却してしまうよりも、相続という手続きを取った方が得になることがあります。
この場合、下取りなどとは異なる特殊な手続きが必要になるので、注意が必要です。
さまざまな必要書類、たとえば関係者の実印・印鑑証明を準備して、法務局に登記申請を行います。