自動車の売却時は自賠責証書を忘れずに

自動車の売却時は自賠責証書を忘れずに

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は、自動車を運転する上で欠かせない保険です。

 

法律によって加入が義務付けられており、未加入のまま走行した場合には、懲役刑を受けるばかりでなく、免停にもなってしまいます。

 

自動車単位で加入する保険であり、新車の購入時や車検時に加入や更新を受けます。

 

この保険に加入すると、治療費や慰謝料などが保険金によって賄われます。

 

加入すると保険証書が交付されますが、自動車に載せておくことが義務付けられていますので、すぐに車検証などと一緒にダッシュボードにでも入れておきましょう。

 

自賠責証書を汚損してしまったり紛失してしまったりした場合、保険会社から再発行が受けられます。

 

走行時だけではなく、自動車の売却時にも必要で、自動車であっても同様です。 保険に加入しないまま、売却しに買取店などへ自動車を運転していくことが出来ません。

 

走行中に警察に捕まった場合は、前述の通り、刑事罰を受け前科が付いてしまいます。

 

保険に加入すると、保険証書が交付されますので、売却する相手に渡します。

 

前述の通り、自動車単位で入る保険なので、売却後の新しい所有者が新たな被保険者となります。

 

売却時に自賠責証書がないと、新しいオーナーに万一の事が起きた場合に保険の請求が出来ません。

 

この保険に関して不備が合った場合、自動車も普通乗用車同様、非常に重いペナルティが課せられます。

 

全ては事故を起こした時に保険で守るためです。