所有者が死亡している自動車の売却

自動車の売却には名義変更の手続きが必要です。
しかし所有者が死亡している場合、本人は手続きが出来ないので、自動車を相続する必要があります。
これはかなり面倒な手続きです。
用意する書類は相続の申請書と自動車検査証、戸籍謄本、これは亡くなった人および相続人全員が記載されているものが必要です。
発行から3ヶ月以内の物です。
相続人が複数いて、婚姻等で戸籍謄本から除かれている場合には、原戸籍などが必要になります。
それから・遺産分割協議書が必要になります。
これは相続人全員の実印を押したものです。
さらに相続人の中に未成年者がいる場合には、裁判所選任の特別代理人の実印も必要です。
そして相続人全員の印鑑証明も必要なのです。
未成年者の場合、住民票および特別代理人の印鑑証明書になります。
これらの書類は、委任状全員の分が必要です。
相続する人以外の代理人が手続きをする場合には、相続する人の実印を押した委任状も必要になります。
これらの書類を持って自動車協会へ行って相続、つまり名義変更を行うことが出来るのです。
名義変更ができれば、新しく自動車を相続した人の名義からの名義変更をして売却できるということになります。
以上はが正規の手続きの場合です。
しかし軽自動車の場合は違います。
軽自動車を売却する場合には、旧所有者に必要な書類が何もないのです。
例えば印鑑証明書や住民票の写しなど書類が必要ありません。
だから旧所有者の生存も確認されることもありません。
つまり特に手続きする事無く名義変更できてしまうので、そのまま普通に売却することも可能なのです。