他人名義の自動車の売却も可能です

他人名義の自動車の売却も可能です

他人名義の自動車を売却することなんて出来るのでしょうか。

 

実は出来ます。

 

新たに買う人からみれば名義変更に必要な書類がそろっていれば売りにきた人と名義人が同じでないと言うことは確認できないのです。

 

普通古物を買い取る時には古物商の人は身元を確認して帳簿に記載しないといけないのですが、それも自動車の古物つまり中古車に関しては義務がありません。

 

ですから売りにきた人の身元を確認しないはずです。

 

単純に自動車の書類を確認するだけです。

 

ですから書類さえそろっていれば他人名義の車でも気付かず買ってしまうはずです。

 

それに普通自動車なら名義変更に実印の委任状と実印の譲渡書と印鑑が実印であることを照明する印鑑証明書が必要で、これは普通本人でないと発行されませんので、本人か少なくとも家族でないと持ってこれないはずなんですが、自動車に関しては、違っています。

 

自動車の名義変更には実印の必要がないのです。

 

つまり何の登録もされていない認印でかまわないのです。

 

また売却の時には住所を照明する必要もないので、住民票の写しも必要ありません。

 

本当に認印だけなのです。

 

これでは本当に簡単に他人の自動車でも売却できてしまいます。

 

もちろん黙って盗んで売却すれば、登録された時に直ぐ分かりますから、盗難車を売却する人はいないと思いますけど、例えば家族が黙って売却することもありうるし、可能と言えます。

 

これは名義変更に実印のいらないオートバイなども同じです。